初心者にも分かりやすくアパート投資について説明します

アパート投資とは、現在ではアパート経営のことを指すようです。昔は、アパートを購入して、すぐに売却をして利益を出すという投資家もいました。バブルの頃には、不動産の価値が上がり続けていたので、2千万円で購入をした不動産が、2年後には3千万円になっていたということもありました。しかし、現在は建物の価値は下がることが一般的なので、アパート経営をして利益を出すことが主な目的となっています。自分で入居者を探して、管理なども全て行い、家賃収入を得るということも可能ですが、一般的には管理会社に大部分のことを任せることになるでしょう。サブリースといって、管理会社に一括で部屋を借り上げしてもらい、家賃を保証してもらうということも可能です。ただし、管理会社に任せる部分が大きいほど、コストもかかるため、バランスが重要です。

トータルで利益がでるかどうかの判断が重要

アパート投資では、しっかりと計算をしておかないと、最後に利益を出せていないという結果になってしまうかもしれません。不動産投資ローンでは、厳しい審査がされますが、それはローンを返済できるかどうかが審査されるだけになります。不動産投資ローンの審査に通ったら、高い確率でローンの返済はできるということになりますが、ローンを完済できたとしても、ローンの諸費用、頭金、利息などをしっかりと回収して、その上で利益を出せるのかどうかを、慎重に計算しておかなくてはなりません。管理費・修繕費、税金など、アパート経営でかかってくるコストは種類が多いので、計算漏れがないように気をつけましょう。中には、アパートの大家さんに憧れていて、多少マイナスになっても、アパートを経営するという経験ができれば良いという人もいます。その場合でも、ローンについては最低限完済できるように考えておく必要があります。

ローンの審査のポイントは?年収が低くても借りられる?

アパート投資では、ローンの審査が1つの大きなハードルとなるでしょう。年収の基準が設けられていることが多く、最低でも450万円くらいはないと厳しいかもしれません。銀行によっては、不動産投資ローンを借りるための基準として、年収800万円~1000万円という高い基準を設けているところもあります。年収が400万円以下の人はアパート投資ができないのかというと、そうでもありません。一括でアパートを購入できるならローンを組む必要はないですし、頭金をたくさん用意すれば借りられる可能性は上がります。アパートローン以外にも、不動産担保ローンが利用できることもあります。頭金を5割くらい用意すれば、かなり高い確率で審査には通るでしょう。不動産に抵当権を設定するので、銀行側のリスクは少ないからです。

特許を取得したキソゴム採用したことで、地震による建物の大幅に軽減し、倒壊リスクを避けます。 東京、福岡、大阪、名古屋、広島、宮城、岡山にてアパート経営が行えます。 10周年目を向かえ、創立時期より10年連続増収増益を達成しました。 アパート内覧会は定期的に開催しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 99%の入居率を誇る安定感の高いアパート経営が可能です! アパート投資で景気にされにくい収入を