アパート投資を始めるために何が必要かを解説します

近ごろの投資の手段として、アパート投資であります。アパート経営は不動産投資の一種ですが、築年数がある程度経過しているアパートであればそれほど費用はかからず、サラリーマンでも副業として始めることができるのが魅力です。基本的には1部屋だけ購入することはできず、1県棟購入する必要があります。利回りはおよそ5パーセントから9パーセントぐらいですので、上手に経営をすればあまり働かずに収入を得ることができます。安定した収入が出れば副業から本業にすることも可能なビジネスのです。ただし、やみくもに経営してもうまくいくとは限りません。いくら初期費用が高くなくても、空室が増えれば赤字になるでしょう。およそ3割の空室が出ると赤字になる可能性があります。そこで経営する前に、しっかりとした下準備が重要になります。

経営の負担をできるだけ避けるには

アパート投資をする場合は、収益を考えることも重要ですが、経営を始める前の段階でどれだけ負担を減らせるかが重要になります。最初からアパートを購入する費用をすべて実費で出すことができれば初期費用で後々大きな負担になることは考えにくいでしょう。アパート投資の費用は借りることができますので、初期費用を十分に出すことができない人は借り入れを検討するべきです。具体的には、金融機関から融資を受けて経営をすることになりますが、すべての金額を借り入れるとなると後々大きな負担になることが考えられます。投資である以上は、プラスになった時だけでなく、マイナスになった時のことを考える危機管理能力が必要です。お金を借りる場合もおよそ半分は実費で出すようにすることで、将来的なリスクを大幅に減らすことができるでしょう。

アパート経営をしている人の声を聞くことも重要

アパート投資の準備をしているとうまくいかなくなることがあります。理想としては、常に黒字を出して働かずとも収入を得ることですが、現実にそのようにできる人はよほど才能がある人や経験豊富な人です。初心者であれば準備の段階で躓き、うまくいかなかった時に不安になり、自暴自棄に走る人も少なくありません。ですが、投資は基本的に心理戦でもありますので、どれだけ追い込まれた状況でも冷静に自分と向き合うことが大事です。それに加えて、他人の声を聞くことも重要になります。同じアパート経営をしている人の中でも成功談と失敗談がありますが、どちらの声も必要です。素人の意見で満足できない人は、経営のプロであるセミナー講師に直接話しを聞いてみるのも一つの方法です。セミナー講師の中にはセミナーを開くだけでなく、相談会行っている人もいますので、聞いてみるのが良いでしょう。