アパート投資を行うことのメリットとデメリットを解説します

今の時代、老後への不安などが原因でせっかく稼いだお金をそのまま銀行の預金口座に溜め込んでしまう人が増えています。しかしどれだけ溜め込んでも金利ゼロのこのご時世では増えることなく、そのまま宝の持ち腐れとなってしまうことも少なくありません。その点、守りよりも攻めに転じてこれらのお金を溜め込むのではなく、むしろ投資資金と考えて積極的に打って出ている人も増えています。日本の景気は少なくとも東京オリンピックまでは上昇することが期待されますので、この機を逃さず不動産価格の動きをチェックしながらアパート投資を行うと貯蓄以上の収入を得ることができるでしょう。しかし、全ての投資にはメリットとデメリットが存在するものです。それではこのアパートを媒介とした投資方法にはどのような側面があるのでしょうか。

安定した賃料により将来設計が立てやすくなるメリットがある

アパート投資に伴うメリットとしては、貯蓄によって利子が転がり込むのと同様に、月々の賃料が安定したペースで入ってくるということが挙げられます。基本的に賃貸契約が成立すれば、あとはそこに住んでいるだけでも必ず支払いが発生するわけですし、その金額は頻繁に上下を繰り返すものでもありません。極めて確実な収入として、将来設計を行う場合にでも予測が立てやすい部類のものとなります。また、アパート1戸の経営だけでは1戸分の賃料しか得られませんが、これが2戸、3戸、あるいはアパート一棟分と増えていくに従ってその固定収入の金額もまとまったペースで増えていくことが期待できます。さらに築年数の進んだ安い物件を買い取り、それにリノベーションを施して取得額以上の付加価値をつけて販売することでも多額の利益を得ることが可能です。掘り出し物を購入した場合、これが思いがけない高値の物件となることも期待できるでしょう。

空室率が上がると実入りも減ってしまう点が最大のデメリット

それではアパート投資を行う上で気をつけておかねばならないデメリットとは何でしょうか。まずは取得したアパートを他人に貸与して賃料を得る場合にも、必ず入居者がいないことにも収入は生まれません。もしも空室率が多いとその分だけ実入りは少なく、なおかつ将来的にも不確定な部分が増えてしまうというデメリットがあります。また賃料徴収や設備内の清掃、メンテナンスを行うのもオーナーの役割なので負担が増える点も覚悟しておかねばなりません。またアパートを購入してリノベーションする上でも、潜在価値を探るために目利きになる必要があります。全く魅力材料のない物件を購入して転売しようとしても、それが売却されなければ全く利益が得られず、むしろ不良債権を抱え込んでしまうことにもなるので、アパート物件選びの際には情報収集と時流を読む細心の注意が必要です。