アパート投資を行う上での注意点を説明します

アパート投資を行う上で、注意したいことは色々とあります。まず購入時の利回りは次第に低下することが挙げられます。アパートを一棟丸ごと購入したり、あるいは建設する場合には多額のローンを組むことになります。けれどもそのローンの担保となるのは家賃の利回りとなりますし、それが評価されることで融資が下ります。そこで安心して頭金も入れずにフルローンを組む人が多く見られます。けれども築年数の経過により、家賃収入は減少していくことを知っておくことが大事です。つまり収益が次第に落ちることを考慮して、返済計画を立てる必要があります。また、アパートを建設する際に、サブリースを利用するケースがほとんどですが、その家賃も次第に下がることを知っておくことが大切です。

アパートの家賃収入が少なくなる理由

アパート投資で重要なのが、家賃の利回りです。ローンの返済金額やメンテナンス費用に対して、どの程度の家賃収入が得られるかというものになります。この利回りは購入時が最も高く、次第に低下するので注意が必要です。その理由は、建物の劣化に伴って賃貸需要が減少することにあります。周辺にどの程度の競合となる物件があるかにもよりますが、通常は築年数の経過に応じて家賃設定は下がります。また空室となる割合も増えてくるので、ローン返済に充てることができる収入が減るというわけです。またサブリース契約も、更新時に家賃設定が下がるのが一般的です。サブリースにより、賃借人がついているか否かを問わずに家賃が振り込まれます。けれどもこれは保険のようなものなので、通常の賃貸収入よりも少なくなることにも注意が必要です。

アパート投資を成功させるために秘訣とは

アパート投資を成功させるためには、余裕のあるローンの返済計画を立てる必要があります。サブリースを使えば融資が下りやすくなりますが、契約更新のたびに収入は少なくなります。それを見越して返済できるように、頭金を入れることが大事です。またアパートは耐久性が低いので、早期にメンテナンス費用が必要になります。そのための予算も確保しておくことが必要です。当面の家賃収入からローン返済を差し引いたお金は確保しておいて、メンテナンスに充てることになります。賃貸需要を高めるためにも、適切な手入れが必要です。室内の内装や設備を需要に合わせて選ぶことも必要になります。建物の管理もしっかりと行うことで、賃借人がつきやすくなり空室リスクが低下することも知っておくことが大切です。